確定申告の期間2009【確定申告はいつすれば良いの?】では、確定申告の期限をはじめ、還付金・贈与税など幅広い確定申告に関する情報を記載しています。あなたは確定申告の正しい知識を持ってますか?確定申告で損をしていませんか?まずは、当サイトをご覧ください。

所得税の確定申告で間違い易い事例


所得税の確定申告で、間違いやすい事例って、何なんでしょう?1番は、基礎控除の記載漏れ。基礎控除は、確定申告する全員に適用されるから、必ず記載です。次に、寡婦控除、寡夫控除の適用漏れ。寡婦、寡夫に該当しているなら、「寡婦控除」、「寡夫控除」が受けられるのです。そして、配偶者特別控除の適用誤り。合計所得金額が1,000万円を超えている場合は、「配偶者特別控除」を受けることができません。

また、配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合も、配偶者特別控除の適用を受けることができないのです。もちろん、配偶者控除と配偶者特別控除を併せて受けることはNG。要注意!です。それから、医療費控除の計算誤り。高額療養費、出産育児一時金や生命保険会社・損害保険会社からの入院給付金などで補てんされる金額は、医療費の合計から差し引きます。また、一時所得の申告漏れ。生命保険会社などから、満期金や一時金を受け取った場合、その収入が一時所得として申告する必要がないか、生命保険会社などから送付された書類で、もう一度確認する必要があるので要チェックです。最後に、電子証明書等特別控除の適用誤り。

所得税の確定申告を本人の電子署名及び電子証明書を付して、申告期限内にe-Taxで行うと、所得税額から最高5,000円の控除を受けることができるのですが、平成19年分の確定申告で本控除の適用を受けたときは、平成20年分の確定申告で本控除の適用を受けることができないのです。

確定申告で間違えたら?


「あ、間違ってた!」確定申告をした後で、計算の誤りなど、申告した内容が間違っているのに気が付いたら、どのような手続をすればよいのでしょうか?まず、税額を多く申告していたときは、「更正の請求書」に、必要事項を記入して、所轄の税務署長に提出します。更正の請求ができる期間は、原則として、法定申告期限から1年以内。

なので、平成20年分の所得税については平成22年3月16日(火)、個人事業者の消費税及び地方消費税については平成22年3月31日(水)までとなります。そして、更正の請求書の内容を調査。それから、請求内容が正しいと認められたときは、更正されて、納め過ぎた税金を返してくれます。逆に、税額を少なく申告していたときは、「修正申告」をして、正しい税額に修正します。「申告書B第一表」と「第五表(修正申告書・別表)」つまり、「修正申告書」の用紙に、必要事項を記入して、該当する税務署長に提出するのです。修正申告は、税務署から更正を受けるまではいつでもできるのですが、なるべく早い、申告がおススメ。

それから、過少申告加算税がかかる場合があるのでご注意。修正申告によって新たに納付することになった税額は、修正申告書を提出する日(納期限)までに納めなくてはなりません。この納付する税額には、法定納期限(平成20年分の所得税は平成21年3月16日(月)、個人事業者の消費税及び地方消費税は平成21年3月31日(火))の翌日から完納する日までの期間について延滞税がかかってしまいますので、併せて納めます。

納税の期限は確定申告書の提出期限と同じ?


納税の期限は、確定申告書の提出期限と同じです。そして、納税の期限は税金の種類によってちがうのでご注意! 平成20年分所得税の確定申告分は、平成21年3月16日(月)まで。平成20年分消費税及び地方消費税の確定申告分は、平成21年3月31日(火)まで。

平成20年分贈与税の申告分は、平成21年3月16日(月)までです。税務署から、確定申告書を提出した後に、納付書の送付や納税通知書などはありません。また、納付書を持っていないときは、近くの金融機関や、住所地等の所轄の税務署に用意してある納付書で、期限までに納付しましょう。が、金融機関に納付書がないときは、地域の税務署に連絡する必要があります。それから、所得税、個人事業者にかかった消費税や、地方消費税を納めるときは、預貯金口座から振替しての納税もOK。振替納税を利用するときの振替日は、平成20年分の所得税の確定申告な分ら、平成21年4月22日(水)。

平成20年分の消費税や、地方消費税の確定申告分は、平成21年4月27日(月)です。そして、振替納税を利用する場合は、納期限までに、あらかじめ、口座振替の依頼書の提出が必要。それから、申告所得税と贈与税には納の制度があるので、検討してみる価値も・・・・・。

昼休みの確定申告もOK?


昼休みに確定申告したいと思っても大丈夫!昼休みの時間帯でも、確定申告の会場を利用できるから、手引きを参考にしたり、会場に設置しているパソコンを利用して、申告書を作成します。そして、国税庁ホームページでは、画面の案内に従いながら、金額等を入力していくと、自動的に確定申告書が作成できる「確定申告書等作成コーナー」、確定申告書や手引き等を掲載した「確定申告特集」など、いろんなサービスがあるので利用してみない手はありません。

ただ、税務署は、通常、土曜日、日曜日及び祝日等は業務を行っていません。が、一部の税務署は、例外で、平成20年分の確定申告期間中、2月22日と3月1日に限り、日曜日も確定申告の相談・確定申告書の受付を行います。税務署の閉庁の日(土・日曜日・祝日等)は、税務署では、相談や確定申告書の受付は行っていないのですが、確定申告書は、税務署の時間外文書収受箱へ投函して提出できます。

そして、郵便や信書便での送付やe-Tax(国税電子申告・納税システム)による申告は、とってもおススメなシステム。時間外文書収受箱への投函や、郵便・信書便で申告書を提出するときは、収受日付印のある確定申告書の控えが必要なら、複写によって作成した(複写式でないものについては、ボールペン等で記載)確定申告書の控えや、返信用封筒(あて名を記入して、所要額の切手を貼付)を同封していれば、税務署から収受印日付を押印した申告書の控えが返送。時間の節約にとっても役立ちますよ。

確定申告書を税務署に送付しよう


作成した確定申告書は、税務署に送付することもOK!税務上の申告書や申請書・届出書は「信書」になるのでご注意。だから、税務署に送付する場合には、「郵便物」(第一種郵便物)、又は「信書便物」として送付する必要があるのです。申告書を郵送や、信書便を利用して税務署に送付したときは、通信日付印の表示された日が、提出された日になります。

それ以外の場合には、税務署に到達した日が提出日です。申告期限(3月16日)に間に合うように、早めに送付が肝心。送付で提出するときは、必ず、郵便か、信書便を利用しましょう。それに、記載事項や添付書類にまちがいがないか、よく確認することが大切。それから、該当する税務署に送付します。

収受日付印のある確定申告書の控えが必要な場合は、複写により作成した(複写式でないものについては、ボールペン等で記載)確定申告書の控えのや、返信用封筒(あて名を記入して、所要額の切手を貼付)を同封すると、収受印日付を押印した確定申告書の控えを税務署から返送してくれます。確定申告書の控えの収受日付印の押印は、収受の事実を確認するもの。そして、内容を証明するものではないのでご注意。また、添付書類は、申告書第二表の裏面に貼ってくださいね。

振替納税制度はどんな制度?


確定申告書を手に入れる際、一緒に納付書も手に入れなければなりません。一般的に、納付になったときは、その納付書に必要事項を記入し、銀行または郵便局で納税します。

また、税務署内でも納付できるから、確定申告書を提出したときに一緒に納付してもよいでしょう。では、振替納税制度って、どんな制度なのでしょう?申告した本人名義の金融機関の預貯金口座から申告税額を自動的に納税する方法のことです。振替納税をするためには、税務署に用意されている振替納税依頼書というはがきに必要事項を書いて、申し込み期限までに提出する必要があるからご注意!でも、1回登録してしまえば、次からは自動的。わざわざ銀行等に行く必要もなくなるという理由ですだから、うっかりなんてこともなくなって便利。振替納税による所得税の引落しは4月の中旬頃。だから、、1ヶ月程度納税を遅らせるというメリットも。振替日前には、預貯金残高を確認しておきましょうね。

そして、確定申告の手続きの流れをしっておくこともとっても大切。まず、確定申告用紙を手に入れます。そして、申告に必要な書類〔給与所得や公的年金等の源泉徴収書、生命保険料控除証明書、地震保険料控除証明書など〕を確認します。次に、申告書を作成します。それから提出。最後に、所得税の納付還付という流れです。確定申告・納税は、私たちの義務。チャチャッとすませちゃいましょう。

所得税の確定申告書の方法


所得税の確定申告書について、国税庁ホームページ「確定申告特集」で、所得税の確定申告の手引きや、付表・明細書・計算明細書などが掲載。そして、印刷して利用することができるから、とっても便利。また、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」は、画面の案内に従いながら、金額等を入力して確定申告書を作成できるお役立ちシステム。

所得税の確定申告書は、税務署のほか各市区町村の窓口や還付申告センターでも受け取れるのですが、窓口の受付時間等にはご注意。申告する内容に応じて、使う所得税の確定申告書の用紙がちがいます。申告書Aは、確定申告する所得が 給与所得や公的年金等・その他の 雑所得、配当所得、一時所得のみで、予定納税額のないとき。なのですが、前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引いたときは、申告書B。申告書Bは、所得の種類にかかわらず、だれでも使用できます。変動所得や、臨時所得については、平均課税を選択する場合なら申告書B。 土地建物等の譲渡所得がある、申告分離課税の株式等の譲渡所得等がある、申告分離課税の先物取引の雑所得等がある、山林所得や 退職所得があるときは、申告書Bと第三表(分離課税用)を併用します。

そして、所得金額が赤字の方、所得金額から雑損控除額を控除すると赤字になる、所得金額から繰越損失額を控除すると赤字になる場合は、申告書Bと第四表(損失申告用)を併用します。

確定申告書は自宅に送付して貰おう


確定申告書を、自宅などへ送付してもらうこともOkなのをご存知ですか?それには、必要な確定申告書用紙の種類や手引き、申告する内容を、簡単に書いたメモと一緒に、返信用封筒(あて名を記入して、重量に応じた額の切手を貼付)を入れて、税務署へ送付。そうすると、確定申告書用紙などを入れて返送してくれるのです。このとき、封筒の大きさは、横240×縦332(角2)の封筒、また、各種書類の重量にご注意。

そして、確定申告書や確定申告に必要な各種様式は、国税庁ホームページ「確定申告特集」に掲載されているので、印刷して利用すれば便利。また、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」には、画面の案内に従って、金額等を入力していくと、自動的に確定申告書を作成してくれるお役立ちシステムも。是非、利用してみてはいかがでしょうか?それから、税金の納付には、指定した金融機関の預貯金口座から振替納税する方法、インターネットバンキング等を利用して電子納税する方法、現金で納付する方法があります。また、転居等によって所轄税務署が変わった場合には、新たに口座振替依頼書を提出することが必要なのでご注意。

そして、現金で納付するときは、現金に納付書を添えて、納期限までに金融機関、又は所轄の税務署に納付。納付書をもっていない場合は、税務署、又は所轄の税務署管内の金融機関に用意してある納付書を使います。それから、申告所得税と贈与税には、延納の制度があるから、検討してみるのもよいかもしれません。

確定申告書の書き方


所得税の確定申告書を自分で書くための手引きは、いっぱい。だから、ご心配なく。それは、だいたい、国税庁ホームページ「確定申告特集」に掲載されています。「所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用」や、「所得税の確定申告の手引き 確定申告書B用」は、確定申告書Aや、確定申告書Bを使って申告するための書き方。「所得税の確定申告の手引き 損失申告用」は、損失申告をするための申告書の書き方。

「医療費控除を受けられる方へ」は、給与所得について、年末調整プラス、申告書Aを使って医療費控除の申告をするための書き方。「住宅借入金等特別控除を受けられる方へ」は、住宅借入金等特別控除を受けるための説明書。 「特定増改築等住宅借入金等特別控除を受けられる方へ」は、特定増改築等住宅借入金等特別控除を受けるための説明書。「給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除用の記載例」は、給与所得について年末調整を受けた時に申告書Aを使って(特定増改築等)住宅借入金等特別控除の申告をするための申告書の書き方。

「譲渡所得の申告のしかた(記載例)」は、土地や建物を売却して申告するための書き方。「株式等の譲渡所得等の申告のしかた(記載例)」は、株式等を売却して申告する方のための書き方。「山林所得の申告のしかた(記載例)」は、山林を伐採等し売却して申告するための書き方です。

確定申告書の基本は「自書申告」


自分で書く「自書申告」。それが、確定申告書の基本です。だからといって、アドバイスを受けられなというわけではありません。税務署では、確定申告の申告納税制度に沿って、自書申告を定着させるために、申告書はできるだけ自分で書くようにすすめているのです。

もちろん、税務署では、確定申告書の作成について、分からないことは、しっかり答えてくれます。1度、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を利用してみてください、画面の案内に従って、金額等を入力すれば、税額などを自動計算してくれる便利なシステムを掲載。所得税、消費税の申告書や青色申告決算書などを作成してくれます。それから、e-Tax用データを作成して、電子申告(e-Tax)をすることもOK。

また、確定申告書の手引きや、記載例など、確定申告に必要な情報が盛りだくさん。なんと、確定申告書やいろいろな手引きは、国税庁ホームページ「確定申告特集」から、印刷して使えるのです。「タックスアンサー(よくある税の質問)」で、「医療費を支払ったとき」「年金を受け取ったとき」など、税に関する身近な疑問をスッキリ解決。是非、国税庁ホームページを利用してみてください。

確定申告の方法は?


確定申告の仕方が分からないときは、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」を利用しましょう。画面の案内に従って、金額等を入力していくだけで、税額などをちゃんと計算。自動的に所得税、消費税の申告書や青色申告決算書などを作成できる便利なシステム。そして、e-Tax用データを作成して、電子申告(e-Tax)をする方法もあります。

「確定申告書等作成コーナー」は、確定申告に関する手引きや、記載例など、確定申告に必要な情報が満載。要チェック!!「タックスアンサー(よくある税の質問)」では、「医療費を支払ったとき」「年金を受け取ったとき」など、税に関する身近な疑問も解決できるから、とっても便利。それに、電話での相談もOK!なので、きちんとサポートしてくれます。

それに、1月下旬に発表される還付申告センターは、駅や街の中心部など便利な場所に設置予定。還付申告センターで、納税者が便利なように、納税者の住所地に関係なく、確定申告の申告書用紙や、各種届出書などの交付、申告書作成のアドバイス、申告書の受付を行います。それから、確定申告書や、いろんな手引きは、国税庁ホームページ「確定申告特集」に掲載。しかも、印刷して使用できる便利なシステム。是非、ご利用ください。

確定申告はいくらからする必要がある?


どんな場合に、確定申告をしなくてはならないのでしょうか?
まず、給与所得者の大部分は、「年末調整」によって、所得税を精算。だから、申告をする必要はないのです。が、いろんな所得金額の合計額(譲渡所得や山林所得を含む)から所得控除を差し引いて、その金額(課税される所得金額)に税率に応じて、計算した所得税額から配当控除額と、年末調整のときに控除を受けた(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額を差し引いたら、残りの額がある場合。

しかも、給与の収入金額が2,000万円を超えてしまったり、給与を1か所から受けていて、いろんな所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超えてしまった〔給与所得の収入金額の合計額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く)を差し引いたとき、残りの金額が150万円以下で、さらにいろんな所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下なら、申告は不要〕。同族会社の役員やその親族で、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子、店舗・工場などの賃貸料、機械・器具の使用料などの支払を受けた。

また、給与について、災害減免法によって、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた。在日の外国公館に勤務していたり家事使用人であったりして給与の支払を受ける際に所得税を源泉徴収されていない。公的年金等にかかった雑所得だけである。退職所得があるなどの場合に、確定申告をしなければなりません。

確定申告しないで良い?


どんな人が消費税や、地方消費税の確定申告をする必要があるのでしょう?
平成20年分の消費税や、地方消費税の確定申告をする必要があるのは、まず、基準期間(平成18年分)の課税売上高が1,000万円を超えて、そして、基準期間(平成18年分)の課税売上高が1,000万円以下で「消費税課税事業者選択届出書」を提出している〔平成20年分の課税売上高が1,000万円以下であっても申告は必要〕場合。それから、消費税や、地方消費税の申告、つまり、個人事業者の平成20年分の消費税や、地方消費税の確定申告は、平成21年3月31日(火)までとなってるのでご注意。

税務署が閉庁する日(土・日曜日・祝日等)は、税務署では、相談や、確定申告書の受付は行っていないのですが、確定申告書は、税務署の時間外文書収受箱へ投函して提出することはOK!郵便や、信書便による送付や、e-Tax(国税電子申告・納税システム)によって申告することもできます。そして、消費税及び地方消費税の申告書は、2種類。だから、確定申告の申告方法に応じて使い分けましょう。

なんと、1枚の申告書で、消費税と地方消費税の確定申告をまとめて行ってもOK。簡易課税制度を選択していなければ、消費税及び地方消費税の確定申告書(一般用)。また、簡易課税制度を選択していれば、消費税及び地方消費税の確定申告書(簡易課税用)。なお、基準期間(平成18年分)の課税売上高が5,000万円以下で、平成19年12月末までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出していれば、簡易課税制度が適用されますよ。
タグ:確定申告

確定申告とは?


そもそも確定申告って何なのでしょう?
税金には、所得税・消費税・固定資産税などいろんな種類がありますが、私たちにはこれらを納付する義務があります。この中で、所得税の確定申告については、毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算して、申告・納税しなければなりません。

この手続きを、確定申告といいます。確定申告では、1年間に得た所得を計算して、納税額を確定するのですが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。なので、確定申告は、税金を計算し払った税金との精算の手続きという意味合いもあるのかもしれません。確定申告をしなければならない人とは?まず、個人事業主は、確定申告が必要というのが一般的。ですが、給与所得者、いわゆるサラリーマンであっても確定申告しなければならないケースもたくさん。

通常、サラリーマンについては会社が各社員の所得税の額を計算し、あらかじめ天引きするしくみ。概算で給与から控除し、その精算を年末調整で行っています。なので、年末調整ではできない控除の適用を受けるためには、確定申告をしなければなりません。年末調整ではできない控除を受けるため、確定申告をすることによって、納めすぎた所得税を返してもらうことができるというわけなのです。
タグ:確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。