確定申告の期間2009【確定申告はいつすれば良いの?】では、確定申告の期限をはじめ、還付金・贈与税など幅広い確定申告に関する情報を記載しています。あなたは確定申告の正しい知識を持ってますか?確定申告で損をしていませんか?まずは、当サイトをご覧ください。

納税の期限は確定申告書の提出期限と同じ?


納税の期限は、確定申告書の提出期限と同じです。そして、納税の期限は税金の種類によってちがうのでご注意! 平成20年分所得税の確定申告分は、平成21年3月16日(月)まで。平成20年分消費税及び地方消費税の確定申告分は、平成21年3月31日(火)まで。

平成20年分贈与税の申告分は、平成21年3月16日(月)までです。税務署から、確定申告書を提出した後に、納付書の送付や納税通知書などはありません。また、納付書を持っていないときは、近くの金融機関や、住所地等の所轄の税務署に用意してある納付書で、期限までに納付しましょう。が、金融機関に納付書がないときは、地域の税務署に連絡する必要があります。それから、所得税、個人事業者にかかった消費税や、地方消費税を納めるときは、預貯金口座から振替しての納税もOK。振替納税を利用するときの振替日は、平成20年分の所得税の確定申告な分ら、平成21年4月22日(水)。

平成20年分の消費税や、地方消費税の確定申告分は、平成21年4月27日(月)です。そして、振替納税を利用する場合は、納期限までに、あらかじめ、口座振替の依頼書の提出が必要。それから、申告所得税と贈与税には納の制度があるので、検討してみる価値も・・・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。