確定申告の期間2009【確定申告はいつすれば良いの?】では、確定申告の期限をはじめ、還付金・贈与税など幅広い確定申告に関する情報を記載しています。あなたは確定申告の正しい知識を持ってますか?確定申告で損をしていませんか?まずは、当サイトをご覧ください。

所得税の確定申告書の方法


所得税の確定申告書について、国税庁ホームページ「確定申告特集」で、所得税の確定申告の手引きや、付表・明細書・計算明細書などが掲載。そして、印刷して利用することができるから、とっても便利。また、国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」は、画面の案内に従いながら、金額等を入力して確定申告書を作成できるお役立ちシステム。

所得税の確定申告書は、税務署のほか各市区町村の窓口や還付申告センターでも受け取れるのですが、窓口の受付時間等にはご注意。申告する内容に応じて、使う所得税の確定申告書の用紙がちがいます。申告書Aは、確定申告する所得が 給与所得や公的年金等・その他の 雑所得、配当所得、一時所得のみで、予定納税額のないとき。なのですが、前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引いたときは、申告書B。申告書Bは、所得の種類にかかわらず、だれでも使用できます。変動所得や、臨時所得については、平均課税を選択する場合なら申告書B。 土地建物等の譲渡所得がある、申告分離課税の株式等の譲渡所得等がある、申告分離課税の先物取引の雑所得等がある、山林所得や 退職所得があるときは、申告書Bと第三表(分離課税用)を併用します。

そして、所得金額が赤字の方、所得金額から雑損控除額を控除すると赤字になる、所得金額から繰越損失額を控除すると赤字になる場合は、申告書Bと第四表(損失申告用)を併用します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。