確定申告の期間2009【確定申告はいつすれば良いの?】では、確定申告の期限をはじめ、還付金・贈与税など幅広い確定申告に関する情報を記載しています。あなたは確定申告の正しい知識を持ってますか?確定申告で損をしていませんか?まずは、当サイトをご覧ください。

確定申告の受付時間は?


せっかく、確定申告をと思っていたのに、受付時間がオーバー。それでは、大事な時間が無駄に。税務署が開庁している時間は、月曜日から金曜日の午前8時30分〜午後5時まで。ですが、一部の税務署では、平成20年分の確定申告期間中、2月22日と3月1日に限り、日曜日も確定申告の相談や、確定申告書の受付を行っています。詳しくは、国税庁ホームページより確認してみてください。

また、税務署の閉庁する日(土・日曜日・祝日等)は、税務署で、相談や申告書の受付は行っていないのですが、確定申告書は、税務署の時間外文書収受箱へ投函して提出もOK。それから、郵便や、信書便による送付〔提出日は、通信日付印により表示された日〕・e-Tax(国税電子申告納税システム)による申告〔事前に利用開始のための手続等が必要〕・時間外文書収受箱への投函で提出します。郵便・信書便で、確定申告書を提出する場合、収受日付印のある確定申告書の控えが必要なときは、複写により作成した(複写式でないものについては、ボールペン等で記載した)確定申告書の控えや、返信用封筒(あて名を記入して、必要な額の切手を貼付)を同封して置くことがポイント。そうしておくと、税務署から、収受印日付を押印した確定申告書の控えを返送してくれて、とっても便利なシステム。

ただ、申告書の控えへの収受日付印の押印は、収受の事実を確認するもの。だから、内容を証明するものではないのでご注意。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。