確定申告の期間2009【確定申告はいつすれば良いの?】では、確定申告の期限をはじめ、還付金・贈与税など幅広い確定申告に関する情報を記載しています。あなたは確定申告の正しい知識を持ってますか?確定申告で損をしていませんか?まずは、当サイトをご覧ください。

確定申告はいくらからする必要がある?


どんな場合に、確定申告をしなくてはならないのでしょうか?
まず、給与所得者の大部分は、「年末調整」によって、所得税を精算。だから、申告をする必要はないのです。が、いろんな所得金額の合計額(譲渡所得や山林所得を含む)から所得控除を差し引いて、その金額(課税される所得金額)に税率に応じて、計算した所得税額から配当控除額と、年末調整のときに控除を受けた(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額を差し引いたら、残りの額がある場合。

しかも、給与の収入金額が2,000万円を超えてしまったり、給与を1か所から受けていて、いろんな所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超えてしまった〔給与所得の収入金額の合計額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く)を差し引いたとき、残りの金額が150万円以下で、さらにいろんな所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下なら、申告は不要〕。同族会社の役員やその親族で、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子、店舗・工場などの賃貸料、機械・器具の使用料などの支払を受けた。

また、給与について、災害減免法によって、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた。在日の外国公館に勤務していたり家事使用人であったりして給与の支払を受ける際に所得税を源泉徴収されていない。公的年金等にかかった雑所得だけである。退職所得があるなどの場合に、確定申告をしなければなりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。